節約暮らしでハッピーライフ

生命保険について

ここでは、生命保険について話したいと思います。

 

人それぞれ生活スタイルや環境が違うのと同じように、自分に適した保険の選び方もそれぞれです。

 

より自分に合った保障を見つけるためには、自分でその内容について学ぶのが一番です。

 

簡単ではありますが参考にしてくだされば幸いです。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

●生命保険とは

 

生命保険は大勢の人々がお金を出し合って、その中で困っている人に給付金をだして助け合おうという、「相互扶助」の精神です。

 

例えば、病気やケガで入院したら入院費用などの医療費がかかりますよね、入院したのが一家の大黒柱の場合、もちろんその期間収入も途絶えてしまいます。

 

また、死亡したとき残された家族の生活を保障するためなど、人生において予期せぬ経済的リスクを補う為に、まとまったお金を準備する手段のひとつが生命保険です。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

●老後など将来への備え

 

個人年金保険など老後の生活への備え、学資保険などこどもの教育資金への備え、生命保険は貯蓄としての役割も持っています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

●基本的に保険は3種類

 

?終身保険?

 

保険期間が一生涯続きます。
また解約した場合でも解約払戻金(払い込み期間によって解約払戻率は異なる)があります。
保険料は定期保険よりも割高ですね。

 

終身保険は主に、被保険者が死亡したときの遺族保障を目的に加入します。

 

?定期保険?

 

死亡したときだけの保障を目的としたもので、一定期間内に死亡したとき死亡保険金が受け取れ、満期保険金はありません。
いわゆる掛け捨ての保険です。

 

一般的に同じ保障内容だと更新時に保険料がアップします。

 

保険期間が一定なので一時的に保障を増やしたいときなどに加入します。

 

?養老保険?

 

保険期間が決まっていて、保険期間内に死亡・または高度障害になった場合は保険金、満期時に生存した場合は満期保険金が保険金と同じ金額でうけとれます。
保険料は定期保険・終身保険と比べ割高ですが貯蓄性があります。

 

養老保険は保険と貯蓄の両方の役割をはたすものです。一般に保険料は割高です。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

●生命保険を選ぼう!

 

生命保険の保障機能には「死亡保障」、「医療保障」、「老後保障」の3つがあります。

 

保険を選ぶときは自分の保障したいものは何かをはっきりした上で決めるのが大事です。

 

例えば、自分が死亡したとき残された家族に対する保険金を確保したいと考えるなら死亡保障を選び、病気やケガでの医療費を保険でカバーしたいと考えるなら医療保障、老後の生活に備えたいなら老後保障を選ぶといった感じです。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

●保険通信販売、インターネットを活用

 

インターネットだと24時間無料で各社の資料請求ができたり、保険料の試算ができたりしますので保険を見直したくても忙しくて時間の無い方など、これらのサービスを利用すると良いでしょう。