節約暮らしでハッピーライフ

食費の無駄を省く

ここでは食費の節約方法を紹介していこうと思います。

 

 

●お買い物

 

食費を節約するには、買い物を夜にするようにしましょう。安くなってるものが多いですよ!

 

最近のスーパーは、夜遅くまでやっているので、ゆっくり買物出来るし、最近は、夜も人が多いいので安心です、値引きシールの付いている物を買うようにしましょう。

 

お肉などに付いているバーコードのシールに、印刷で値引きや半額の文字があるものですと、最初からその値段で売るつもりなので注意してくださいね。

 

値段と、バーコード下の数字の下数桁が同じ数字のものがそれです。別に値引きシールが貼ってある方が本当にお得なものです。

 

基本中の基本ではありますが、チラシを見て特売品でメニューを選定するということです。

 

メニューを決めておかないと、知らず知らず、色々なものを買ってしまうからです。

 

冷蔵庫やストッカーの在庫の食材と合わせてメニューを決めるのが一番節約できる方法で?す。

 

 

 

 

●ポイントカードを活用しよう。

 

最近のスーパーでは、ポイントカードが大々的にアピールされているので、持っている方も多いと思います。

 

どこどこのスーパーは、何曜日がポイント何倍の日などきちんと確認しておきましょう。

 

 

 

 

●食材の使い方

 

今、冷蔵庫に入っている物から考える。メニューを先に決めると、その時に高く売っている物まで買ってしまいがちです。そしてまた安く買ってきたものと、残っているもので作る。

 

こういうサイクルにしていけば、食費が安くなるのはもちろんの事、その時によって買える安いものが違うので色々な食材を買うことになり、バランスが良くなります。

 

 

 

 

●買い物はお腹いっぱいの時に行きましょう。

 

おなかが空いている時に行くと甘いものやお菓子など無駄な買い物をしてしまうからです。

 

誘惑に勝てる人は気にしなくてもいいと思いますが、買い物は一人で行くようにしましょう。

 

子供を連れていくと色々とせがまれたり、買い物する時間が長くなって買う量が増えてしまいます。

 

 

 

 

●まとめ買いをする

 

買い物は、週一回に決めて、できるだけ安いものをまとめ買いして一気に冷凍してしまいましょう。

 

買い物に行く回数を減らせば余計なものを買う回数事も減りますね。スーパーは特売日のある日を狙って行きましょう。

 

 

 

 

●賞味期限・消費期限を必ず確認!

 

商品を購入する時は必ず賞味期限や消費期限を見てできるだけ期限が遅いものを選びましょう。

 

これはかなり重要です。期限が遅いものほど新しいものです、新しいものは陳列の奥の方に置いてあるので、一番新しいものを買いましょう。

 

より長持ちするものを買った方がもちろん節約につながります。

 

 

 

 

●お茶は買わずに沸かそう

 

ペットボトルのお茶を買う人って多いですよね。

 

毎日ペットボトル500mlのお茶を買ったとして
、お茶代だけで月に約4,500円もかかるんですよ!

 

会社で飲む分と家で飲む分を合わせると1万円もかかちゃいます。

 

飲み物だけで1万円は高すぎですよね。

 

私はお茶は必ず家のでかいヤカンで沸かして冷蔵庫で冷やしておきます。

 

それを、500mlのペットボトルに入れ替えて毎日、会社に持っていってま?す。少し、はずかいいかもしれませんけど、ただ入れ替えてるだけなので、周りの人にも全然わかりません。

 

 

 

 

●外食は必要最小限にしましょう。

 

出費が増えて、献立にも影響します、食材がムダになる可能性もあります。

 

あまり、いい事ないですね、またお父さんの昼食をお弁当にするだけでも家計の出費が削減できます。

 

それと、父さんの夕食での急の外食は、連絡するよう徹底しましょう。作りすぎによる食材のムダを防止できます。